あなたのお位置は:トップページ > 会社概要 > 盛金紹介

盛金紹介

弊社生産の「テール神」シリーズの磁力選鉱機は中国科学院の鉱山研究所提供技術指導、結合中国の鉱物資源の実際の情況によって、選鉱の各級のプロセスを効果的に防止「走り尾」、「走り尾”の場合は鉄鉱石を進一歩の選別、向上に品位を経て、長年試験して、徐々に改善はすっかり慣れの各種のタイプの富鉄鉱石、鉄鉱石、鉄鉱石の貧群生、広大なユーザーの信頼と好評を得る。

「テール神」シリーズの磁力選鉱機は主に干选機種から構成して、一部も選択肢に濡れ选機。

1、砂鉱

主な応用地区:チベット、貴州、内モンゴル赤峰など多くの砂漠化地域

応用沙的原鉱山、砂漠地域、乾いた河原、山あい、近海の砂浜など、粒度要求は0 . 1~じゅうミリメートルの効果とベスト、フラットインストール、機械とベルト運搬結合運行し、迅速に頼りに料材料、機械の間は互いに影響しない現代化の選鉱の特徴に合う。

原鉱処理量は最大300トン/時間、選出料センスは38%、2選出料味わう55%(チベット中和鉱業データ提供)。

2、サクサク鉱

主要地区:河北石家荘、沿海、内陸に類似して石貌地区

硬度が低いサクサク石、風化石鉄鉱ゾーン、粒度要求は、0~15ミリ、立体的な取り付け方式、適切な破砕装置、下に置く鉄粉の輸送システム、簡単に直接直接、操作しやすい。

原鉱処理量ひゃくトン/時間。

3、普通硬鉄鉱

主要地域:全国各地

各種の鉱石に応用して、一般的な手続きを:鉱山後まず中級破砕粒度が12よんじゅうまで

左右にブロックし、一級磁选;再細い級を粉砕して、粒度約12にじゅう以下、を二級磁选;そしてを湿式ズタボロ加工、最後に経湿式磁选法を品位後正常析出高味わう鉄精粉。

原鉱処理量によってすべての機器の組み合わせの状況。